美白思い出

人気記事ランキング

ホーム > PMS > むくみとPMSに悩む毎日

むくみとPMSに悩む毎日

お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により変化をつけなければなりません。

かわらない方法で毎日の、スキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大切なことなのです。また、四季折々に合わせてケアも方法を使い分けることもお肌のためなのです。

 

スキンケアといえばオイル!という女性もどんどん増えてきています。

スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、今よりさらに保湿力を上げることができるとされています。オイルの種類を選ぶことによってもいろいろと効果が変わってきますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のオイルを使うとよりよいお肌になるでしょう。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、大切なのは新鮮なものを選ぶことです。

 

 

PMSの症状がさらにひどくなる要因もあります。

環境の急激な変化やきつい仕事などのストレス、真面目で妥協できない完璧主義などの性格的なもの、カフェインが含まれるコーヒーやアルコールを頻繁に飲んだりバランスのとれていない食生活をしている状態では症状がひどくなることが多いです。

 

 

 

肌のスキンケアにも順番というものがあります。適切な使い方をしなければなんとスキンケアの効果はほとんど得られません。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えましょう。

 

 

 

もし、美容液を使うときは基本である化粧水の次に使いましょう。それから乳液、クリームと続きます。水分を肌に染みこませてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

 

 

 

PMSを緩和するにはビタミン、ミネラルを体に取り入れるのが有能です。栄養バランスを考えた食事は基本ですが、毎日、十分な栄養が取れていないと感じる方はビタミン、ミネラルをサプリメントやドリンクで服用するのもいいでしょう。PMSサプリ人気があるのは?

 

 

しかし、砂糖を使った甘い食べ物は、大切なビタミン・ミネラルを消費し、イラつきの原因になります。もちろん自覚症状のない人もいますが、月経のある女性の、およそ80%にいずれかの月経の前に不快な症状の自覚があるようです。

症状が続いている期間は人によってそれぞれで、排卵の時期から月経が始まるまで続く人がいたり、月経開始の前日にだけ軽く違和感を覚える人もいるようです。月経の前には血糖値の上昇を抑制するインスリンの働きが薄れてしまい血糖値の上昇がみられます。

 

このような状態におかれると、体が血糖を下げようと努力し過ぎてしまうことで逆に血糖が下がり過ぎてしまうのです。こういった流れでの低血糖がもとで、PMSを発症するのではと言われています。

 

 

 

極力、同じ時間に寝て起床も同じにすることが重要です。

 

 

自律神経を正すホルモンの分泌は午後10時から4時間の間に活発になるので、遅くても午前12までに就寝しましょう。

 

 

 

リラックスしてよく眠れるように入浴をしましょう。38度から40度くらいの半身浴が有効的です。

 

 

緊張や疲れも取れて、むくみも解消されます。