美白思い出

人気記事ランキング

ホーム > 離乳食 > 離乳食を始める時期を見極めるカギは?

離乳食を始める時期を見極めるカギは?

育児をする上での悩みの一つに離乳食をあげるお母さんは大変多いようです。

 

離乳食は我が子にとって初めてのミルクや母乳以外の食事ですから、何をあげたらいいのか、また、いつからスタートすれば曖昧なまま、その時期を迎えるお母さんも少なくありません。

 

離乳食は従来の食事の前段階の大切な練習期間となりますので、早め早めに離乳食の開始時期を決めてしまいたい方も多いようです。

 

でも、マニュアル通りに行くことのほうが少ない育児ですから、あまり神経質に悩まないようにしましょう。

 

離乳食をスタートする時期は、赤ちゃんが無意識に口を動かしてしまう哺乳反射という行動が終了する生後5ヶ月ごろと一般的には言われています。

 

目安として家族が食べているものに手を伸ばしたり、じっと食事の風景を眺めているなどの興味を示すしぐさをしたり、家族と同じ様に口をもぐもぐと動かしていたら、そろそろ離乳食を与えてもいい時期と考えても良いでしょう。

 

しかし一方で、5ヶ月以前の早期の離乳食はアレルギーを引き起こす原因という考え方もあるため、赤ちゃんが欲しがっているように見えても、果汁等も含め控えた方がよいでしょう。

 

逆に、5ヶ月以降で離乳食を与えても興味が無いようであれば、その赤ちゃんにとっては離乳食が早すぎる可能性もあります。

 

大切なことは、離乳食はいつから始めなければならないと決まっているものではなく、赤ちゃんをじっくりと観察する上で、いつもと違った欲求が出てきた生後5ヶ月以降にはじめることを頭に入れておきましょう。離乳食の食材はどうする?