美白思い出

人気記事ランキング

ホーム > 便秘 > 乳児の便秘の安心な解消法がオリゴ糖

乳児の便秘の安心な解消法がオリゴ糖

何日もうんちが出ていなくて、苦しそうにいきんでいる赤ちゃんを見ていると、かわいそうで早く何とかしてあげたいですね。

でも乳児の便秘では、大人の場合のように便秘薬を使ったり、刺激の強いマッサージをすることや食事による改善などができません。

 

綿棒浣腸など比較的安全な方法で、まずは試してみましょう。

しかし、それでもあまり効果の見られないときは、他の便秘解消法が限られているのが乳児の便秘の特徴といえます。

 

そこで、次に試してみる価値のあるのがオリゴ糖をミルクに混ぜて飲ませてみることです。

実は、これは質の良い母乳によって赤ちゃんが便秘になりにくくなるのと同じ原理なのです。

 

そもそもオリゴ糖の発見のきっかけとなったのは、母乳にビフィズス菌を元気にする成分が含まれていることが分かったからでした。その成分こそがオリゴ糖だったのです。

赤ちゃんが便秘を繰り返さないようにするためには、腸内環境の状態を整えてあげることが大切です。

特に腸内細菌であるビフィスズ菌が十分に増えていないと、腸の働きも悪くなり、うんちも硬くなりがちです。

 

赤ちゃんは大人と比較すると、お腹の中のビフィスズ菌の割合が高いのが普通ですが、それでも出産直後からの生活環境や母乳の質などが影響したり、離乳食による影響でビフィズス菌が十分でないということが起きます。

赤ちゃんが便秘になるのは、そのような腸内の環境をもっと整えてあげる必要がありますよというサインなのです。

 

腸内環境を整えるには、乳酸菌やビフィスズ菌など有用な菌を外部から取り込む方法と、もともと存在している菌を活発にしてあげて増やす方法の2つがあります。

この2つの方法とも、食事に気をつけることで実行できる方法ですが、赤ちゃんの場合は食べられる種類や量も限られているのが問題です。

 

また乳酸菌サプリなど大人向けの健康食品もありますが、乳幼児の頃からサプリなど与えると、自らで栄養を作り出す機能が発達しませんから、あまりおすすめできません。

 

そこで赤ちゃんに一番おすすめできるのは、オリゴ糖をミルクに混ぜて飲ませることです。

 

オリゴ糖は胃や小腸で消化吸収されない特徴があり、大腸まで届いてビフィスズ菌のエサとなります。

 

その結果、ビフィズス菌を活発にして増やしてくれる効果を期待できます。

オリゴ糖でしたら、母乳にも含まれている成分なので安心して与えられますし、毎日続けて飲ませることができます。
腸内環境は徐々に整っていくということが多いですから、このようなものを毎日続けて飲ませていくことが便秘になりにくい体をつくっていくのに役立ちます。オリゴ糖粉末のおすすめはこれ