美白思い出

人気記事ランキング

ホーム > 指の関節黒ずみ > 指の関節の黒ずみは日々のダメージによるものの可能性が高い

指の関節の黒ずみは日々のダメージによるものの可能性が高い

自分の足の指をまじまじと見る機会はそう多くはありませんが、いざペディキュアを塗ろうとしたりして足を見た際に、指の関節が黒ずんでいると気づく人も多いのではないでしょうか。


日頃意識していないだけに、黒ずんでいると何か病気ではないかと不安に感じる人もいます。しかし指の関節の黒ずみは、病ではなく日々の生活のダメージによるものというケースが大半です。足に合っていない靴を履いたり、ハイヒールばかり素足で履くことで、関節部分が圧迫されたり摩擦によって色素沈着をおこしてしまいます。


それのみではなく、日頃から床に直接座るというのも黒ずみの原因となっていることが多いので、生活を見直して見るようにしましょう。黒ずみは肌がダメージを受けている証拠であり、黒ずんでしまうほどというのは、肌がかなり刺激を与えられてしまい負担になっていることは間違いありません。


きつい靴を履かないということや、直接床に座らないという対策はもちろんのこと、すでに黒ずんでしまっている場合にはしっかりとしたケアをすることで美しい足を手に入れることができます。ケアの方法は簡単で、肌が乾燥していると刺激を受けやすくなってしまうので保湿をしてあげるようにしましょう。


保湿することで摩擦による負担を軽減することができます。保湿のメリットはそれだけではなく、肌が潤っているとメラニンも作られにくくなるという効果も期待することができます。化粧水をつけた後に、保湿のクリームなどを使い優しくマッサージするようにしましょう。毎日行うことで、血流も良くなり肌のターンオーバーもスムーズに行うことができます。


足先や手の先は、乾燥もしやすく冷えやすいなど、体にとっては良くない条件の部分となってしまっていますが、しっかりと対策とケアをしていくことで改善させることもできる部分となっています。日々の積み重ねによるダメージは、すぐに改善できるものではありませんが、毎日の努力で確実に改善に向かいます。



指の関節黒ずみの原因は?【美白クリームランキング2017年版】